マジロン通信

アルマジーロのアルマジーロによるアルマジーロのためのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】ハクメイとミコチ

2013-01-17-Thu-22:53
ハクメイとミコチ

 祝1巻発売!!


 いや~待望のコミックス1巻出ました! 乙嫁語り目当てにフェローズ読みだして、乙嫁以外でビビッときた漫画がこのハクメイとミコチです(こびと日和とかそんなタイトルだった気がしたんですが変わったのかな?)。

 内容は小人のハクメイとミコチが食ったり街へ出かけたり、食ったり仕事したり、食ったりと彼女らの日常を描いたファンタジー(?)日常モノです。

 私個人の願望の一つに小さくなって今の世界を見てみたい、というのがあります。普段何気なく暮らしている部屋も歩いている道も、小さくなったらもはや立派な冒険場に見えることでしょう。そんな想像したことある人なら、この作品はすごくワクワクするのではないでしょうか。

 ただ小さいだけじゃない! というのもこの作品の見どころです。何というか一見すると我々の生活と何ら大差ないのです。お陰でかなりの説得力があり絵空事で済ませない奥行きのある話に見えます。その一方で、巨鳥(我々からしたら小さいのでしょうが)の背中に乗って大空を飛んだり、巨木(同じく)を改造した家に住んでいたり、昆虫の背中に乗って移動したり、などファンタジー色の強い面もちゃんとあってこのリアルとファンタジーの絶妙なバランスがこの作品をより一層魅力的な物にしていると感じます。

 小人以外にもリアルな生き物が出てくるのがちょっと不気味でもあり笑えます。ほぼ我々の世界と同じ大きさで出てくるので小人たちよりも大きい生き物がかなりいます(小人たちはおよそ9センチメートル)。小人たちはデフォルメされたデザインなのに他の生き物たちはリアルタッチ(そのくせ普通にしゃべる!皆気さくw)。このギャップもまたこの作品にいい味を出しているのかもしれません。

 しか~し! この作品のメインの魅力はそこじゃない(と個人的には思っている)!

 そう、この作品の魅力は何と言ってもこの二つです!


 まず飯がうまそう! 毎回ほぼ色んな食べ物や飲み物が登場するのですが、ほんとそれらがおいしそうなことおいしそうなこと。読んでいたらつい小腹がすいてしまいます。あと料理したくないな~というときにもこれ読んだら作りたくなる不思議……。(´◉◞౪◟◉)

 そして何といっても小人たちがちょ~~~~~~~~~~~~~うかわいい! かわいんです! ちょうなの~~? ちょうなんです!!
 あのふにふにほっぺも、丸い体系もすごくさわりたい! 着ている服も多種多様で民族衣装っぽくてワクワクしますし、あとぷにぷに(二度目)! とにかくかわいいんです! ベリーキュートなのです! 小動物を見てキュンッとくるかわいさ、あれに近いです! 絶叫モノです! 悶えまくりです! もしいたら確実に肩に乗せたい! 絶対だ! 絶対にだ!(゚д゚)!

 ……はぁ、はぁ、はぁ、ん! そんなわけで途中から完全に感情に任せて書いちゃったわけですが、少しは魅力が伝わったでしょうか? 伝わらない? そんなあなた! 買いましょう。是非買いましょう。そして荒んでしまったその心をポカポカにされるのです! たぶん何度も読み返す羽目になると思います。私がそうです。暇さえあれば読んでいます。暇がなくても読んでいm(おい

 あ、あと背景とか小道具の描きこみもすごいです。描きこんでいるのだけどほどよく空白もあって見づらいという感じはしません。ワクワクの一部はそんな背景の描きこみもあると思います。

 あ、もう一つ最後に……

 何でみんな眼鏡なんだーーーー!!( 」゚Д゚)」ニイサ―――ン!!


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。