マジロン通信

アルマジーロのアルマジーロによるアルマジーロのためのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:ゲッターロボダークネス3巻

2011-11-13-Sun-06:12
ゲッター

※以下、ネタバレ注意。




 ハヤト編ときて次はムサシの過去話。なるほど634番だからムサシだったわけですか。しかし相変わらずイデア側はえぐいえぐい。ほんとSAN値直葬な展開。

 ゲッター3を乗るのが博士という設定はサーガのほうもそうでしたが、今回は息子の達人さんが乗っていたわけですか。いかに普通の人間にゲッターを操るのが酷なのかがひしひしと伝わってきました。

 そういえば冒頭で食事のシーンがありましたが、お碗の模様がちゃっかりゲッターというね。あれ地味に欲しいです。そして鮭がものすごくおいしそうでした。あとご飯も。

 ところで前々から気になっているのですが、ムサシの下瞼にあるあのラインは何なんですかね? あれも体の一部? それとも模様? あれも人造人間というのを表すための記号なんですかね。

 今回の敷島博士はちょくちょくシリアス顔になっていましたね。しかしシリアス顔になると敷島博士すごくかっこいいオーラはなってます。そしてゲット・ボマーの武装を扱う博士ノリノリである。

 ムサシと達人たちを捜索する中遭遇した光の玉は一体なんだったんですかね。あれもリョウの能力なのでしょうか。

 最後に超人ではないためにゲッターのパイロットを諦めざる終えなかった達人さん。でも生身で複数のイデアをぶちのめしている時点で既に超人だと思ったのは私だけでしょうか・・・。

 次回、ムサシ編完結! 次はリョウ編だろうか・・・いやさすがにそろそろ現代の話を進めますかね。一番謎が多いキャラですし、もう少しお預けかな。


 
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。