マジロン通信

アルマジーロのアルマジーロによるアルマジーロのためのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:Waltz 5巻

2011-10-13-Thu-22:47
ワルツ

※以下、ネタバレ注意。
 蝉はやはり……子犬だな~。

 ようやく物語も終局へ。今まで出てきた帽子卿が模倣犯でオリジナルが依頼者だというのは、驚きました。スズメバチも登場してチクタク大混乱。あ、そういえば劇団もいましたね。しかし2億円の使い方……何と言う奇抜な使い方。まぁ大半はスズメバチを雇う金なのでしょうが。しかし数年前のスズメバチは魔王のときよりもえらく幼く見えるな~。そして長年の謎。スカートの中は……絆創膏でした。くそぅ、ロリロリすぎるぜ。

 チクタクのお姉さん、スズメバチの毒を食らって立ち上がるとか十分化け物でしたね。キャラ的にも好きだったのですがご退場されて残念です。裏漫画で胸の大きさ気にしてたのは、かわいかったww 

 帽子卿が帽子卿になった回想を見ていると、人は皆些細なきっかけでたやすく狂えるものなんだな~と。

 そして最後の最後で本物の首折り男が登場するとは。え、あれで生きてたの!? と思いましたよ。ベネットもびっくりなトリックです。ということは前巻のどこかで偽首折り男は本物と接触したということですかね。次巻で決着のようですが、ほんとこの作者さんは蝉と岩西が好きなんですね。裏漫画にほっこりきました。


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。