マジロン通信

アルマジーロのアルマジーロによるアルマジーロのためのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:バクマン。15巻

2011-10-10-Mon-11:57
バクマン。

※以下ネタバレ注意。




 雑誌のほうで七峰君がノックダウンしたと思ったら、コミックスのほうでも打ちのめされていたでござる。

 七峰君は才能の方向音痴だと思うんです。才能は十分あるのにその使い方を間違えているというか、さらにプライドも人一倍高いものだから中々認めて修正できない。七峰君のやり方を、神様と天使という例え方がされていましたが、うまい例えですね。ぼろ雑巾のようにズタボロになった七峰君ですが、最後のほうで小杉さんを少し認めたり、サイコーたちに潔く負けを認め再挑戦を宣言したり、かっこいいところを見せるのですが……雑誌の七峰君を見ている限り、あれは幻想だったのですかね。
 中井さんVS平丸氏。まさかこのヘタレ二人組みが殴りあいの私闘を繰り広げるとは。中井さん完全に最低な人間に成り果ててしまいましたが、すごく人間らしいというか。絶対にそうならないかと言われると否定できないところはありますよね。分かっちゃいても逆恨みしたくもなる。しかし平丸氏はやはりかっこいいですね。基本へタレですが、度胸はあるので決めるところは決めます(めっちゃ弱かったですが)。さすが蒼樹嬢が惚れただけはある。そしてなぜか最後は意気投合しちゃうというね。これも平丸さんの魅力か。さてここから平丸氏の地獄が始まるわけですが、がんばれ平丸氏!(中井さんのしごきのおかげで、飛躍的に画のスキルが上がるわけですが)
 サイコーが同窓会に行く話。やはり違う世界に生きているんですね。そりゃ中学三年からず~っと漫画一筋で駆け抜けてきたんですからね。でもこう一つのことに突き抜けられるというのは、個人的にはうらやましいものです。普通はできませんよね、なかなか。ま、だからこそかっこいいと感じるし、あこがれるのでしょうが。
 PCPの模倣犯事件。これによりサイコーとシュウジンが一皮向け、互いの絆の深さを再認するわけですが、いいよね。こういう信頼関係。まさに相棒! って感じがして好きです。そういえば、昔TVの報道で殺人犯が所持していたとして漫画かゲームが紹介されていたニュースを思い出したんですが、あれってちゃんと許可取ってたんですかね。というより法律的に無許可で出していいんですかね。


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。