マジロン通信

アルマジーロのアルマジーロによるアルマジーロのためのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近購入した漫画の感想。

2011-09-19-Mon-01:17
嘘喰い

 嘘喰い22巻とモンジュ12巻を購入しました。

※以下、ネタばれ注意。





 捨隈との勝負決着つくと思っていたのに……すっかり騙されてしまった。13じゃないのかよ~!! もう何がどうなってんの~~!? といった感じです。しかしどうして漠は13とコールしたのでしょうか。これにも深い理由があるのでしょうが、私の頭はすでにフリーズしているので、もう好きにしてくださいと投げやり状態です。
 夜行男爵やはり復活されましたね。そりゃあれで終わっちゃほんとこの人かわいそすぎですものね。結構なダメージを負っていたはずですが、あっさり密葬課の公平くんを撃破。さすが男爵は違った! となるといよいよあの車の中の住人が登場するのですかね? まぁ、当然公平くんより厄介な相手なのでしょうが。
 ここでカラカルが食い込んできますか。というよりレオたちといい侵入しすぎだろ……。しかしカラカル強すぎる。今のところまともなダメージ食らったことないんじゃなかろうか? 
 蘭子をもってしても、マーティンの異常性には気づかなんだか。というかKOEEEEEE!!!! マーティン超怖い。あんなの夜中出てきたら失禁しちゃう……! あ、そういえば梶は今なにしてんだろう?


モンジュ

 等々最終巻! 長いようであっという間でした。モンジュがすべてお見通しだったのがすごい。もはや人間超えています。つくづく思うのは、モンジュは多くの人に愛されてんな~と。それもロボットだとか頭いいとかじゃなくて、あの性格にあると思います。しかしお別れ会の下りは吹かざる終えなかったwww
 すっかりツンデレキャラが板についた三堀。ちゃっかりモンジュをフォロワーに登録してるとか、絶対フォロワー一号は神谷に違いないんだろうが。
 山岸たちとの約束のために大事な思い出すら消去してやっていたというくだりが泣けた。今までの働きぶりですっかり忘れてましたが、そういえばモンジュ大分前に作られたロボットでしたね。こうまで自己犠牲ができるのは、やはりロボットだからなんでしょうかね。でもモンジュの心はもはや人間といって差し支えのないものですし(実際は普通の人より人の気持ちを理解できますが)、仮にモンジュが生身の人間だったとしても同じことをしたと思います。まぁ、それも山岸たちとの触れ合いがあったからこそ到達できた域なんでしょうけど。
 最後の最後で復活するというのもベタベタですが、すごくよかったです。ベタ大好きなんです私。新しいパートナー高畑というキャラを出したのもよかったです。山岸とはまったく性格は違うけど、モンジュというキャラを引き立てるのにしっくりくるといいますか。山岸はモンジュを引っ張る側だったわけで、逆に高畑はモンジュに引っ張ってもらい成長するという構図だったので新鮮さもありしっくりきたのだと思います。
 それにしてもちゃっかりまさか里緒ちゃんが結婚一番のりとは~……相手が高畑なのはしっくりきましたが。あと神谷と山岸が相変わらず微妙な関係というのも、らしくて納得できました。しかし山岸、警察辞めて家業継いだのに、いまだに怪我が絶えないのはやはり彼自身の性根の問題か。
 とりあえずモンジュはこれにて終了! この漫画の主人公はロボットですが、結局この漫画はロボットが人の心が理解できるのか? 云々より、人と人との関係について描いたヒューマンドラマなんだな~と感じました。結構ひどいことが起こったり、ギスギスしていたりするのですが、モンジュというキャラがいることで不思議と暖かい話に見えるといいますか。ほんと読んでいて心が温かくなる漫画でした。ず~っとこち亀みたいに続けてほしいという気持ちもあるのですが、これはこれでいい締めくくり方だと思いますのでモンジュの完結を喜びたいと思います。またモンジュたちに会いたくなったら、読み返せばいいですしね。
 ほんと7年間お疲れ様でした!


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。