マジロン通信

アルマジーロのアルマジーロによるアルマジーロのためのブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近購入した漫画

2011-07-26-Tue-23:07
 最近購入した漫画について書きたいと思います。

IMG_4831.jpg

 ビリーバット。ようやく三人が出くわしたと言いましょうか。しかし史実が変わるのかと思いきや、ケネディ大統領暗殺は起きてしまいました。そしてやってもいないオズワルドが犯人に仕立てられてしまう。オズワルドの運命は変わりませんでしたが、オズワルドは確かに一人の少女と漫画家を救った英雄になれた。決して報われたとは言い難いですが、それでもオズワルドの表情には何かを成し遂げた男のそれになってました。さてそれにしてもこのマンガに登場する黒幕の機関が謎すぎてさっぱりすぎます。一体彼らは何が目的なのか……コウモリを制御しようみたいなことをつぶやいていましたが。未だにその全貌は謎に包まれています。浦沢さんの漫画は最後にならないとほとんどの伏線が明かされないのでじれったいです(もっとも……明かされない伏線やら最後なのに増える謎もあるわけですが)。


IMG_4832.jpg

 へうげもの。古田織部の数寄街道もいよいよ終わりが見えてきました。一方時代は、石田派と徳川派に分かれて政権争いが行われていました。石田さんの渾身のギャグ……ドン引きです。さすがにそれは、ないわ~。怖すぎです。どこまでもまじめな男、石田三成。そのまじめさゆえに追い込まれていくわけですが……さて今後どうなるのやら。そして彼が数寄の心を理解する日は来るのか!? 次回、戦国時代最後の大戦が始まる……はず。


IMG_4827.jpg

ストーカー「皆さん……『妹』はお好きですか? しかもカワイイ妹です! 俺の妹がこんなにカワイイわけがないってくらいにです!!」

ストーカー「…………」


ストーカー「そんな妹……どこにもいませんよ……」

 そんなセリフから始まったGガンダム第5巻! レディーゴーを叫ぶストーカーの何とも切ない表情が胸に突き刺さりつつも、本編が始まりました。今回はネオメキシコのファイターがメインの回。いつもいつも島本色の強いGガンダムですが、今回の回は特に強かった! もうね……ギャグです! 熱いです! そしてそれ以上にギャグです!! もうね、最初から最後まで笑いっぱなしですよ。結構シリアスな所もありましたが、そこでも笑いましたよ。シリアスな笑いですよ。とりあえずネオメキシコの人々は、細かいことは気にしない広い心の人々ということですね。アディオ~ス、アッミーゴ!!

 そしてもう一つの話は、ネオカナダのグラハムさんの回。間違ってもフラッ●ファイターな方とは別人ですので悪しからず。かつてアルゴが率いた宇宙海賊によって妻を失った男グラハム。彼はアルゴに復讐を誓い、ガンダムファイトの舞台でアルゴを殺すことを誓っていました。そしてアルゴと戦う機会が訪れ、グラハムは彼を殺すことを決意しながらファイトに挑む……そんな重い話のはずなのですが………、

 しょっぱなからギャグかよ!!

 アルゴしゃべって! いくら寡黙キャラだからってしゃべらないと伝わらないことって結構あるよ! それにしても部下の方々、よくあれでアルゴに付いていこうと思いましたね。絶対この人たち根が良い人たちですよ。お腹を空かせた猫を見かけたらわざわざコンビニにまで行って缶詰買って与えちゃうようなレベルですよ。
 さてしょっぱなからアルゴとグラハムが戦うわけではなく、ドモンとグラハムが戦います。きっかけは、口論……子供か! そして話すものかと言っておいて、結局ベラベラとボルトガンダムの情報をしゃべっちゃうドモン! もう1巻の頃から気づいていたけど、ほんとお前ガンダムファイター失格だな!!
 そしてTV版で全ての少年たちが思っていたであろう疑問を代弁してくれたレイン、ありがとう。どうすりゃあんなに見た目が変わるのやらね。憎しみは人を変えると言いますが、あそこまで見た目が変わるものなのですかね? もはや別人ですよ、あれ。

 あ、今思えば……今回ドモン全く活躍してなくね?

 ………………あ、よくよく考えれば今回どころか今までも、あんま活躍してなかったわ。何だいつも通りか。


IMG_4829.jpg

 荒川アンダーザブリッジも何だかんだで12巻ですね。というより長いですね。金星に行って終わるかと思いきや、まさかのギャグで全てを無に帰して何事もなかったかのようにギャグ回を再開した荒川。しょっぱなからクリスマスネタです。クリスマスネタはこれで何回目ですかね。結構やっていたような気がします。しかしシスター、いくら主より目立っているからと言って嘘はだめですよ、嘘は! 仮にも聖人ですよサンタさんは!
 P子が冬にいなくなるのはまさかの実家帰りというありがちな事実。しかしP子は腐っても荒川住民だった。
 
 冬の遊びは冬山遭難。シスター……もうMを通り越して、Nになってますよ。
 
 例えチョコがもらえなくても、私はミロにがっつく人にはなりたくないです。 

 村長……本音が駄々漏れです。そしてP子を絶対に母親にしちゃいけないと思いました。

 ヤスはガチ!

 おまけ漫画がすごく中村工房臭がしました。久々に感じた臭いに、懐かしさを感じつつ、やはり中村先生の頭の中はカオスやな~と再認しました。


スポンサーサイト

COMMENT



2012-12-01-Sat-21:32
通りすがりに失礼。
アルゴです。
ネオロシア代表、ボルトガンダムのガンダムファイターの名は、
『アルゴ』・ガルスキーです……。

2012-12-03-Mon-19:59
 大変失礼しました。すぐに訂正させていただきます。ご指摘ありがとうございます。

コメントの投稿

HOME
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。